ロイターの日本語記事と英文元記事の違い?

Youtubeで7月7日に放送された虎の門ニュースを観ていたら気になる発言が。

虎の門ニュースから

続いて・・・

虎の門ニュースから

番組内では元のニュースではプーチンやトランプとは書いていないから翻訳ではない。捏造記事であると指摘。

しかしここで示されたニュースは日本のロイターのニュースで実はある意味正しく報道されていて、記事の後ろの方にちゃんと書かれています。結論を言うと、この日本語版ニュースは英文の元記事を大幅に要約はしてはいるけど内容的には嘘ではない。
このような番組内での発言は彼のアンチたちの絶好の餌食になるかもしれないので残念です。

他の方はどう感じるのか気になります。

World | 2017年 07月 3日 15:52 JST

焦点:ハンブルクG20サミット、賭けに出るメルケル首相

[ハンブルク 29日 ロイター] – 7月7─8日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の舞台に、議長国ドイツのメルケル独首相は港湾都市ハンブルクを選んだ。

通例では民衆から隔離された場所で開かれるサミットを、あえてデモ隊が容易に取り囲める都市で開催するのは、トランプ米大統領、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領らに対し、開かれた民主主義というメッセージを送る狙いもある。

ただ、警察が暴動の取り締まりに失敗すれば、連邦議会選挙戦の渦中にあるメルケル首相にとって大失点となるだけに、首相は大きな賭けに出た格好。政策面でも、気候変動、貿易、移民といった議題を巡って首相はトランプ大統領に強い態度で対峙する構えで、事前の根回しに基づき粛々と行われる従来のサミットとは様変わりしそうだ。

首脳会議の準備に携わったドイツ高官は「正直なところ、ハンブルクではなにが起こるか分からない。強い一体感を打ち出すサミットにならないのは間違いない」と打ち明ける。

「一番心配なのは警備だ。ジェノバ・サミットの二の舞になれば、失敗になる」と高官は続けた。2001年にイタリアのジェノバで開かれたG8首脳会議では、デモ隊が警察隊と衝突し、数百人が負傷、1人が死亡した。

メルケル氏の出生地でもあるハンブルクは欧州屈指の貿易拠点で、ビートルズが下積み時代を過ごしたことで知られるナイトクラブや、複数のドイツ主要メディアの拠点などがある。

<地獄へようこそ>

首脳会議に先立ち、ドイツ政府はデモ隊が会議に抗議の声を挙げるのを認めることを強調した。

首相の報道官は「我が国では、人々が声を挙げる権利を持っている。すべての市民に抗議の権利があり、それはG20にもあてはまる」と述べた。

これは警察にとっては大きなプレッシャーだ。警官約2万人と併せて犬や馬、ヘリコプター、7.8キロに及ぶ鉄柵が動員される。

これに対し、デモ隊数万人が会議場を取り囲む計画。警備当局者によると、8000人程度は無政府主義者や左寄りの過激派で、会議前夜に「地獄へようこそ」と称する資本主義への抗議行動を計画している。他のデモ隊は会議当日に抗議行動を行う見通しだ。

警察はまた、トルコと武装闘争を繰り広げる非合法武装組織クルド労働者党(PKK)と、エルドアン大統領を支持するトルコの愛国主義者らとの衝突も警戒している。

<気候、貿易、移民>

政策面では、トランプ大統領の「米国第一主義」がドイツ政府にとって最大の頭痛の種だ。

大統領は、G7諸国の訴えを無視して地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を決定。イタリアのシチリア島で先月開かれたG7サミットの首脳宣言に明記された「保護主義と闘う」との誓いも破っているようだと、ドイツ高官らは指摘する。移民問題でもドイツと意見が対立する。

気候変動と貿易に関して、G20サミットでメルケル氏の一番の相棒は習近平・中国国家主席だった、ということになるかもしれない。

ブリュッセルのシンクタンク、エルカノ・ロイヤル・インスティテュートのシニア・リサーチ・フェロー、ウルリッヒ・スペック氏は「何でもありだ。西側諸国に明確な姿勢があるわけではない。国際社会の景色が一変してしまった」と話した。

(Noah Barkin 記者)
http://jp.reuters.com/article/hamburg-g20-summit-idJPKBN19L0K4?sp=true

それを楽天ニュースがそのまま掲載。
https://news.infoseek.co.jp/article/03reutersJAPAN_KBN19L0K4/

では、元記事はというと・・・

WORLD NEWS | Fri Jun 30, 2017 | 11:24am EDT

Protests, policy rows, volatile leaders — welcome to the Hamburg G20 summit

By Noah Barkin | HAMBURG

Summits of world leaders are usually highly choreographed affairs that leave little to chance.

They are held in locations that are easily shielded from demonstrators. And policy differences are papered over by envoys behind closed doors well ahead of time.

But the G20 meeting in Hamburg next week will be different.

Host German Chancellor Angela Merkel has taken a high-risk gamble by choosing to hold the summit in the center of the northern port city, partly to show the world that big protests are tolerated in a healthy democracy. This has created a huge challenge for police.

On the policy front, she is determined not to surrender too much ground to U.S. President Donald Trump on climate change, trade and migration, possibly setting the scene for an unusual public clash.

“Quite honestly, it is hard to know what will happen in Hamburg,” said a senior German official who has been involved in the preparations and who declined to be identified. “It will not be a summit of great unity, that’s for sure.”

“The biggest concern is security,” the official said. “If we have another Genoa, it will be a failure,” the official added, referring to the 2001 G8 summit in which protesters engaged in violent clashes with police. One person was shot dead and hundreds were injured.

The stakes are high at the July 7-8 summit for Merkel, who is in the midst of a federal election campaign and can ill afford images of chaos and disharmony.

Her relations with three of the most high-profile participants, Trump, Russian President Vladimir Putin and Turkish President Tayyip Erdogan, are strained.

Trump and Putin will be meeting face-to-face for the first time, an encounter which will be intensely scrutinized and could overshadow the entire summit.

Merkel chose Hamburg, the city where she was born before her father moved the family to communist East Germany, to send a message of openness. It was the nightclubs of Hamburg, which traces its history back to mediaeval times and was badly bombed in World War Two, that helped to launch the Beatles.

The city is one of the biggest trading hubs in Europe. It is home to some of Germany’s biggest media groups and perhaps its most potent symbol of left-wing dissent, the Rote Flora, a former theater in the city’s Sternschanze district that has been occupied by anti-capitalist squatters for nearly three decades.

An additional incentive for Merkel, an avid opera fan, was the opportunity to show off Hamburg’s new architectural marvel, the Elbphilharmonie concert hall, where G20 leaders will gather for dinner on the first evening of the summit.

“WELCOME TO HELL”

Ahead of the summit, the German government has played up the fact that protesters will be allowed to voice their opposition to the event. The message to leaders like Trump, Putin and Erdogan is clear: tolerance for public dissent is a cornerstone of a confident, open democracy.

“We are a country where people have a right to demonstrate,” said Merkel’s spokesman Steffen Seibert. “Every citizen has a right to protest. And that counts for the G20 too.”

That message has put huge pressure on German police. If they cannot keep the peace, Hamburg officials have acknowledged, it will amount to a defeat for Merkel in her own backyard.

Some 20,000 police, with dogs, horses and helicopters and 7.8 kilometers (4.8 miles) of steel barriers will be deployed.

Police will be facing off against tens of thousands of protesters who plan to encircle the convention center in the heart of the city where leaders will meet – a far cry from Schloss Elmau, the idyllic, isolated retreat in the Bavarian Alps where Germany held a G7 summit two years ago.

Security officials say that up to 8,000 of the demonstrators will be anarchists and left-wing radicals whose main goal is to disrupt the summit. They are planning a protest on the eve of the G20 that they have dubbed “Welcome to Hell”.

“The policies of the G20 have created hellish conditions in many countries around the world,” Andreas Blechschmidt, one of the organizers of the July 6 protest, told Reuters in front of the Rote Flora, which stands just a few hundred meters from the site where the leaders will meet.

“We want to show them that we can turn up the heat too,” he said. Behind him, a large banner reading “Capitalism will end anyway, you decide when” hung from the graffiti-covered squat.

Other protests will be held on July 7 and 8.

Police are also worried about clashes between supporters of the Kurdistan Wokers Party (PKK), the militant group engaged in an armed struggle against the Turkish state, and Turkish nationalists who support Erdogan.

“More so than Trump, the presence of Erdogan is mobilizing people across Europe,” said Werner Raetz, a veteran German activist involved in the planning of the G20 protests.

CLIMATE, TRADE, MIGRATION

On policy however, the German government views Trump and his “America First” doctrine, as its biggest headache.

At previous G20 summits, a broadly united West led by the United States and Europe would push countries like Russia, China, India and Brazil to follow its lead. But since Trump entered the White House, the Western consensus has broken down.

Trump ignored pleas from his Western allies at a G7 summit in Sicily last month and announced he would pull out of the Paris climate accord. His administration has been threatening countries like Germany and China with punitive trade measures on steel in the run-up to the G20.

Washington even appears to be backtracking on language pledging to “fight all forms of protectionism” that Trump approved at the G7, say German officials, who list migration as another source of contention.

On both climate and trade, Merkel’s best ally in Hamburg may prove to be Chinese President Xi Jinping, who will meet her in Berlin before the summit.

“Everything is open,” said Ulrich Speck, senior research fellow at the Elcano Royal Institute think-tank in Brussels. “There is not a clear Western position. It’s a big change in the international landscape.”

A decade ago, at a G8 summit in Heiligendamm on Germany’s Baltic coast, Merkel managed to coax President George W. Bush – who like Trump had pulled out of a global climate pact shortly after taking office – into supporting a new climate deal with substantial cuts in greenhouse gas emissions.

In the aftermath, German media anointed her “Gipfelkoenigin”, or queen of summits, for her ability to forge sensitive compromises between leaders with disparate views.

But in a speech to the Bundestag lower house of parliament on Thursday, Merkel acknowledged that no such compromises were likely in Hamburg.

“These will not be easy talks,” she said. “The differences are obvious and it would be wrong to pretend they aren’t there. I simply won’t do this.”

(Additional reporting by Sabine Siebold, Andreas Rinke and Roberta Rampton; Writing by Noah Barkin, editing by Peter Millership)

http://www.reuters.com/article/us-g20-germany-idUSKBN19L0FP

【以下、自動翻訳】(自動翻訳なので誤りがあると思いますが参考まで)

ワールドニュース | Fri 2017年6月30日| 11:24 am EDT

抗議、政策、激しい指導者 – ハンブルクG20サミットへようこそ

ノアバーキン | HAMBURG

世界の首脳の首脳会談は、通常、非常に振舞われていて、チャンスはほとんどありません。

彼らはデモ参加者から簡単に保護されている場所に保持されています。そして、政策の相違は、閉鎖されたドアの後ろにいる社交員によって早く前倒される。

しかし、来週のハンブルクでのG20会合は異なるだろう。

ドイツ政府のアンゲラ・メルケル首相は、北部港湾都市の中心部で首脳会談を行うことを選択し、健全な民主主義国家で大きな抗議行動が容認されていることを示すために、リスクの高い賭けに出た。これは警察に大きな挑戦をもたらしました。

政策面では、ドナルド・トランプ大統領に気候変動、貿易、移住についてあまりにも多くの根拠を払わないことを決意し、場合によっては一般市民の暴動を引き起こす可能性がある。

準備に関わっており、拒否されたドイツの上級管理職は、「正直言って、正直なところ、「大きな団結のサミットでは無いでだろうことは確かだ。ハンブルクで何が起こるかを知ることは難しい」と述べた。

「最大の懸念はセキュリティだ」と同関係者は語った。当局者は、2001年のG8首脳会議で、抗議者が警察と激しい衝突をしたことを指摘し、「ジェノアがもう1つあれば、それは失敗に終わる」と付け加えた。1人が死亡し、数百人が負傷した。

7月7〜7日のメルケル首脳会議では、連邦選挙運動の最中であり、混沌と不調和のイメージを与えることができない。

ブッシュ大統領とプーチン大統領、トルコ大統領テイイップ・エルドガン(Tayyip Erdogan)大統領との関係は緊張している。

トランプとプーチン大統領は、初めて対面して対面し、激しい議論が行われ、サミット全体を覆い隠す可能性のある遭遇を目指す。

メルケルは、父親が共産主義の東ドイツに家族を移してから開放のメッセージを送る前に、彼女が生まれた場所であるハンブルクを選んだ。ハンブルグのナイトクラブは歴史を中世に遡り、第2次世界大戦でひどく爆破され、ビートルズの立ち上げに貢献しました。

この都市はヨーロッパ最大の取引拠点の一つです。ドイツ最大のメディアグループの一部であり、おそらく最も有力な左派抗議の象徴であるローテ・フローラは、都市のシュテルシャンツェ地区の元劇場で、反政府主義者の占領者によってほぼ30年間占領されています。

“地獄へようこそ”

首脳会談に先立ち、ドイツ政府は、抗議者たちがイベントへの反対を表明することを許可されるという事実を明らかにした。トランプ、プーチン、エルドガンのような指導者へのメッセージなのは明らかです。公衆の反対意見に対する寛容は、開放的な民主主義の基盤であると自信を持っている。

メルケルのスポークスマン、シュテファン・シーベルト氏は、「われわれは人々が実証する権利を持つ国だ」と述べた。「すべての市民は抗議する権利があり、それはG20にとっても重要だ」

このメッセージはドイツの警察に大きな圧力をかけている。彼らが平和を保つことができなければ、ハンブルクの当局者は、それは自分の裏庭でメルケルにとって敗北になるだろうと認めている。

犬、馬、ヘリコプターを備えた約2万人の警察と、7.8キロメートル(4.8マイル)の防護柵が配備される。

警察は、指導者が出会う都市の中心部にコンベンションセンターを囲む計画の数万人の抗議者に直面するだろう – ドイツがG7を開催したバイエルンアルプスの牧歌的な孤立した隠れ家エルマウ城 2年前のサミット。

警察関係者は、最大8000人のデモ参加者が、アナーキストと左派の部隊で、首脳会談を混乱させることを主目的とすると述べている。彼らは、「地獄へようこそ」と名づけられたG20の前夜に抗議を企画している。

「7月6日の抗議運動の主催者の1人であるアンドレアス・ブレヒシュミットは、G20の政策は世界中の多くの国々で地獄の状態を作り出していると、ロート・フローラはリーダーたちが会う場所の前でロイターに語った。

「熱を上げることができることを彼らに示したい」と語った。彼の背後には、「資本主義はとにかく終わるだろう」という大きなバナーがあり、いつ落書きで覆われたスクワットにぶら下がっているのかを決める。

他の抗議は7月7日と8日に行われる。

警察は、クルディスタン・ウォーカー党(PKK)の支持者、トルコ国家との武力闘争に関与する武装グループ、そしてエルドガンを支持するトルコ民族主義者の間の衝突についても心配している。

G20の抗議運動の計画に携わったベテランのドイツ人運動家、ヴェルナー・レッツ(Werner Raetz)は、「トランプとは異なり、エルドガンの存在はヨーロッパ全域の人々を動員している」と述べた。

気候、貿易、移住

しかし、政策上、ドイツ政府はトランプと彼の “アメリカファースト”教義を最大の頭痛とみなしている。

これまでのG20サミットでは、米国と欧州が率いる広範に統一された西側諸国が、ロシア、中国、インド、ブラジルなどの国々をリードしていくだろう。しかし、トランプがホワイトハウスに入って以来、西側のコンセンサスは崩壊しました。

トランプ氏は先月シチリアで開催されたG7サミットで同国の西側同盟国からの嘆願を無視し、パリ気候協定を脱退すると発表した。彼の政権は、ドイツや中国のような国々に対して、G20への立ち上げ時に鋼材に関する貿易措置を懲罰的に脅かしている。

ワシントンは、トランプがG7で承認した「あらゆる形態の保護主義と戦う」と言い張った言葉に逆戻りしているように見える、とドイツ人の関係者は話している。

気候と貿易の両面で、ハンブルクのメルケル最高の味方は、首脳会談前にベルリンで彼女と会う中国の大統領習近平となるかもしれない。

ブリュッセルのElcano Royal Instituteのシンクタンクの上級研究員ウルリッヒ・シュペックは次のように述べています。「すべてが開いています。「欧米の立場は明確ではなく、国際的な景観の大きな変化だ」

10年前、ドイツのバルト海岸のハイリゲンダムで開催されたG8首脳会議で、メルケルは、ブッシュ大統領(事務職直後に世界的な気候協定から抜け出したような)と温室効果ガスの排出量を大幅に削減する新しい気候取引を支援することに同意した。

その後、ドイツのメディアは、異種の見解を持つ指導者間の敏感な妥協を築く彼女の能力のために、彼女の “Gipfelkoenigin”(頂上の女王)に油を注いだ。

しかし、ハンブルクでの木曜日に国会議事堂下院への演説で、メルケルはハンブルクでこのような妥協はないと認めた。

「これは簡単な話ではない」と彼女は言った。「違いは明らかであり、そこにいないふりをするのは間違っているだろう。私は単にこれをしない」

(Sabine Siebold、Andreas Rinke、Roberta Ramptonによる追加報告、Noah Barkin著、Peter Millership編集)